中年になったら加齢臭石鹸を愛用

 



40歳をすぎてからは自分自身の臭いが気になるようになりました。
これまでは年配の方の加齢臭を不快に感じる音もありましたが自分自身もその年配の方と同じく加齢臭がしているという可能性もあるのでお風呂には毎日入るようにしているし、着替えも汗をかいていると思えばすぐに下着も含めて着替えているのですが、それでも臭いというのは臭っていていても自分で自覚していないことが多いので怖いものだったのです。
清潔感は保ちたかったです。

髪の毛は毎日洗っていたのですが、身体もボディーソープは普通のボディーソープで洗っていても加齢臭の予防にならないのではないのかと思ったので加齢臭石鹸を愛用することにしました。



中年になってもいい匂い


中年になって加齢臭が気になり始めてきたりしたらそれくらいしないと予防としては有効ではないと感じたのですが、よくいい匂いがすると言われるようになったので加齢臭石鹸を使用しているだけあったのですが、気になる加齢臭をかき消してくれているようです。

人に会うときも特に会社へ出勤するときなど若い社員に会ったときなどに加齢臭で不快にさせているのではないのかとも不安になることもありますが、加齢臭石鹸とプラスして更に汗をかいたときの消臭スプレーなども必要不可欠になりました。

清潔に年齢を重ねているのかがわかるような中年になることが目標だったので間違っても加齢臭のするような不潔感のある中年だと思われたくなかったので洗濯した洋服も生乾きになっていないか注意していました。