加齢臭石鹸が加齢臭を消すメカニズムを考えてみた

 



中年期に差し掛かると、嫌でも気になる加齢臭。
最近ではその加齢臭を消すという加齢臭石鹸もたくさん発売されているようですね。

でも、加齢臭ってわざわざ専用の石鹸を使わないと落ちないモノなんでしょうか。
ちょっと疑問に思ったので、調べてみました。

加齢臭の原因は?


まず、加齢臭とはいったい何なのでしょうか。
加齢臭とは、中高年独特の体臭のことなのですが、俗にオヤジ臭とも言われるこのニオイの原因物質は、ノネナールと呼ばれる成分です。

このノネナールという物質は、毛穴の奥の皮脂腺から分泌されるパルミトオレイン酸という脂肪酸が、酸化したり微生物によって発酵したりして発生するのだそうです。

このパルミトオレイン酸さえ出なければ、ノネナールは発生することもないのですが、残念ながらパルミトオレイン酸の分泌量は40代で急増するのだそうです。

ということは、加齢臭石鹸はノネナールだけでなく原因物質のパルミトオレイン酸も洗い流せるものでなくてはなりません。

 市販のボディソープなどは、マイルドな洗い上がりを追求するために石鹸だけではなく弱酸性の低刺激性界面活性剤も配合してあることが多いのですが、加齢臭はおそらくそんな生易しい洗浄剤では洗い流せません。

パルミトオレイン酸もノネナールも水に溶けない物質なので、綺麗に落とすにはやはり純石鹸が最適。
市販の加齢臭石鹸の成分を見てみると、だいたい純石鹸に添加剤として消臭成分やニオイの原因物質を吸着させる成分を添加しているようです。

 気になる加齢臭を落とすには、やはり専用の加齢臭石鹸に頼るのが一番のようです。

加齢臭は男性だけの悩みではありません。アンチエイジングを意識する年代の女性の 悩みでもあります。アンチエイジングにはメディプラスゲルがおススメですよ!